スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なのはカップ&シュバルツカップ

なのはカップ
オーガ大宮

参加者:48人
使用デッキ:赤黄新ソ


一戦目:夜天
相手のミスもあり勝利。


二戦目:緑赤魔法メカ
プレイヤーの愛称だろうか?勝利


三戦目:夜天
ここでの事故は一番やってはいけない。
まあ、やってしまうのはお約束。
ラストはレベル3クロック6で
1点→キャンセル
1点→キャンセル
3点→乙w
こんなクオリティは嫌だ。


四戦目:赤黄新ソ
ビギナーズラックと言うやつだろうか?
有利に運んでいたはずが、対等どころか追い詰められていた。
しかし、これくらいでは負けない。自爆特攻を掛けて勝利。


五戦目:緑赤メカ
ここで負けたくなかったんだけどな……
レベル0を20枚くらい入れてたんだけど来ない。
結果的に展開不足になる訳でして、ギンガ×3で固められて敗北。


六戦目:確かトライアルミックス
全く来ない訳ではないが、レベル0のアタッカーが不足。
アルフ×3とか訳の分からない展開をする破目に。
高打点を何回か決められたけど勝利。


4勝2敗
何故、新ソかって?
集めても居ないのに集まったから。
夜天にWASが刺さっていいんだけど、普通にバトルで勝てないのが辛い。
故に、ブラフが必須スキルになるかと。別に公開情報を偽ってる訳じゃないから、問題はない。
非公開情報で、自分が知っている情報を如何にして相手に誤解させるかが重要。嘘ではないから良心は痛まない。
頻りにパワーを確認してればカウンターを警戒するしね。まあ、直ぐに分かるんだけどさ。


シュバルツカップ前半
イェローサブマリン宮原

参加者:9人
使用デッキ:赤黄マオ


一戦目:不戦勝


二戦目:赤黄マオ
序盤に打点が通って終盤に通らないと言う最悪な展開。
合計で10回くらいキャンセルされたんじゃないかって言うくらい。
まあ、無理です。


三戦目:赤黄タナトス&トリス
アデルの連動クライマックスが序盤から消えて行く。
そんな訳でアデルが空気に。
そこから非常に頂けない展開の上に10点貫通w
返すターン。
ハンド1→ドロー、クライマックス→リフレッシュ→ダメージ→クライマックスクロック→2ドロー、クライマックス×2……
何か悪いことでもしましたか?


1不戦勝2敗
シュバルツカップを考え直さないとな……
赤黄勇者を作ろうと思ったら、赤黄マオになってた。
赤青が安定は解るんだけど、黄色の高打点が魅力的で捨てられない。
本当に駄目なプレイヤー。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。